新着情報

想いを重ねる菊の季節「重陽の節句」➁

露ながら折りてかざさむ菊の花

老いせぬ秋の久しかるべく

『古今和歌集』 紀友則

 

FullSizeRender (2)

 

9月9日 重陽の節句は(旧暦では10月)

菊の花が咲くころのお祝いです。

 

菊は古来から

(花期が長いので)不老長寿の象徴として

その高い香りは邪気を払うとして

様々な形で尊ばれ、愛でられてきました。

 

国民に愛好されその国を象徴する

私たちの国の「国花」としても、

桜とともに菊の花が使われていますね。

 

パスポートの紋章や皇室の象徴でもあり

菊の花が私たちの国で永く親しまれてきたことが感じ取れます。

 

 

お酒に菊の花びらを浮かべてみたり

湯船に菊の花を浮かべてみたり、

菊の花でアレンジを作ってみたり

季節の和菓子を選んでみたり。

 

大切な人がいつまでも元気で長生きしますようにと

願いを込めながら、

あなた模様の「重陽の節句」を楽しんでみませんか?

 

 

FullSizeRender

 

私は、母から譲り受けた

小さい菊の花をたくさんあしらった想い出深い着物を

久しぶりに飾ってみようと思っています。

 

 

シリーズ「重陽の節句」

次回は『③くらしの知恵』におつきあいください。

 

※画像はネットより拝借

新着情報一覧に戻る

最新記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ