新着情報

アレよ~アレアレ。あの時の続き。

師走です。なるほど、うまいこと言ったもんです。

確かに先生もつい走りだしちゃうほどのあわただしさです。

きっとその昔も 今でいうコピーライターみたいな人がいて

新語流行語みたいなものが毎年生まれていたんでしょうね。

search

 

さて、専門店の豆知識シリーズ 前回の続きです。

 

「助六ずし」の呼び方も、

おもしろい言葉遊びから生れたようですよ(^-^)

「油揚げと巻きずし」の組み合わせが助六ずしと呼ばれるようになったのは、歌舞伎十八番の一つ『助六』 主人公・助六の恋人、花魁・揚巻にちなんでいるんですって。

222 search

 

どちらも手軽なお寿司だけど、交互に食べるとなかなかの好相性!

高嶺の花「花魁・揚巻」にあこがれた江戸っ子たちが、助六を男の理想像としながら 言葉遊びを楽しみ、うまいものを食おうという洒落で,その二つを詰め合わせて「助六ずし」と呼ぶようになったのだとか。

(にんぎょう日本12月号 「人形をめぐるフードものがたり」より)

 

 

d0128044_23371859

揚巻ではなく助六と呼ぶって、なんだかオシャレ♪

 

わたしたち日本人は 昔から 毎日の暮らしの中で、

文化・行事・食べ物などをおもしろく上手に結びつけて

現在までずっと繋いできたんだなあと感じます。

 

image2

羽子板を飾った日、歌舞伎をご覧になった日には

「助六ずし」 ぜひ食べてみてくださいね (^_-)-☆

 

わらべの羽子板市 一の宮本店にて好評開催中!

みなさまのご来店をお待ちしております。

破魔弓 久月 吉徳 ひな人形 お寿司 年末年始

 

 

 

 

 

 

 

 

新着情報一覧に戻る

最新記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ