お正月のお祝い

強く逞しい男の子の成長と幸せと願う

羽子板-女の子の初正月お祝い-

羽根突きで使用する黒くて硬い羽の玉は「むくろじ」という大木の種で、漢字で「無患子」と書きます。「子供が患わ無い」と考え、羽根突きをする事で病気を祓ったとされています。
病気をしないで育つようにと女の子が生まれて初めて迎える「初正月」に贈られるようになりました。

押絵羽子板という、立体的な美しさを表現する技法で作成したものを多数展示しています。生地の素材は、正絹やちりめん・絞りなど本物の着物と同じで、襟元・袖・帯などを華やかに彩ります。
着物と同じ生地で作ることにより色落ちや型崩れが少なく、お子様が初正月を迎えられた時の喜びを、いつまでも綺麗に形に残すことができます。
また、末広がりの形と厄を跳ね返すことから縁起が良いとされ、歌舞伎の演目をモチーフにした伝統的な絵柄の古典羽子板は、新築・開店などのお祝いとしても喜ばれています。

破魔弓-男の子の初正月お祝い-

邪気を払う破魔矢を射るための弓のこと。最近は弓と矢を一緒にケース飾りにしているものが主流です。四本の矢は四神(東西南北)、五本は五行思想・仁、六本は六徳、七本は七福神をそれぞれ表しています。
天然羽・梅や菊の組紐房など材質の良さや丁寧な作りにこだわった傑作は、時間の経過とともに味わい深く、存在感が増し、力強く逞しく成長する男児の姿と重なることでしょう。元気に育つようにと男の子が生まれて初めて迎える「初正月」に贈られるようになりました。
また、神事や上棟式にも使われ古代から信奉されてきたその威力は、羽子板と同じく縁起物とされ、新築・開店などのお祝いとしても喜ばれています。

お人形のわらべでは、【久月】【吉徳】をはじめ由緒ある一流メーカーの品を、幅広く・多数取り揃えておりますので、お客様がご納得頂ける御品が必ず見つかります。
配達・発送・お飾りつけ・お片付けはもちろん、お手入れや修理・お預かりなど、様々なご要望にお応えします。