五月人形について

商品のご購入について
お雛様について
五月人形について
鯉幟について
提灯について
結納品について
五月人形は誰が贈るの?
昔はお雛様が母方、五月人形が父方と言われた事もありましたが、現在ではお雛様同様決まりはありません。
地域性も鑑みて、ご両家でしっかり話し合い、生まれたばかりのお子様の幸せを想いお選び下さい。
五月人形はいつ頃贈るの?
2月中旬~4月中旬に贈ります。
お届け日はご都合の良い日を選べますが、五月人形がたくさんあるうちに、早目にご予約しておいたほうが良いでしょう。季節商品ですので、完売すると追加製作が困難となります。
これはと思うものがあったら、ご予約されたほうが安心です。
五月人形はいつから飾るの?
3月に入ってから、遅くともお節句の一週間前までには飾って5月5日の端午の節句を楽しみに待ちましょう。
五月人形はいつ頃しまうの?
片付けは、季節の節目という本来の意味からなるべく早め、遅くとも5月中旬までに済ませておきましょう。お天気の良い乾燥した日を選び、ホコリをよく払い、しまいましょう。
最近では、床の間の飾りとして一年中しまわず飾ったままのご家庭もあるようです。基本的には、梅雨入りまでにしまい、また次の年、綺麗な状態で飾っていただきたいと思います。
お父さんの五月人形で初節句をしても良いですか?
節句人形はお子様の成長と幸福を祈るものですから、基本的には「一人にひと飾り」でお祝いします。
個人のお守りとして捉えていただきたいと思います。ご本人様の五月人形を用意されたら、大きくなった時、更に喜ばれるのではないでしょうか?
次男・三男が生まれたらどうしたら良いですか?
最近では住宅事情により飾る場所も限られているので、人数分を飾る方は少なくなってきているようです。
ですが、お子様ひとりひとりのために、せめて何か形に残しておきたいという気持ちは皆さまお持ちだと思います。二人目・三人目の男児誕生の際は、五月人形のそばに、それぞれのお名前や家紋を入れた室内旗や掛け軸・立札など、または武者人形や破魔弓などを一緒に飾ってみてはいかがでしょう。より一層力強いお飾りになますよ。
お一人目が鎧飾りでお二人目が兜飾り等、大きさや種類を変えて揃えるご家族もいらっしゃいます。
破魔弓も一緒に飾ってもいいの?
飾って構いません。
お祝いにいただいた破魔弓やお父様の五月人形(古いものでも構いません)等を一緒に飾るのも粋ですね。
場所に余裕があれば、是非一緒にお飾りください。
素人でも飾れますか?
はい、大丈夫です。わかりやすい飾り方の説明書を一緒にお届けします。
もし分かりにくい場合は、お気軽に店舗までお問い合わせください。